【職場に同期はいない方が楽しい!?】職場に同期がいないことのメリット5つ!!

こんにちは! tkです

職場に同期がいなくて、楽しくなかったり、不安になってる人はいませんか?

医療職だと病院規模によっては採用人数が少なくて、同期がいなくて一人ぼっちになってしまった

ということはあるんじゃないかと思います

実際に僕もそうでした

しかし、働いて3年目になり、考えてみれば

同期がいなくてよかったかも!と感じる場面もありました

そこでこの記事では

  • いるはずの同期がいなくなっていたこと
  • 同期がいないことのメリット・デメリット

を書いていきます

この記事を読めば、「同期がいなくてもいいことはある!」と思えるようになります

目次

入社式行ったらいるはずの同期がいなくなってた話

入社式当日

実は就職決まったのがぎりぎりで、就職できたのが嬉しくて嬉しくて

本当にやる気と希望に満ちていました

まあ普通に入職式が終わりまして、すぐにオリエンテーションの会場に移動しました

tk

やる気あったはずなのにめっちゃ寝てたな~

会場に着くといろんな職種の人がいました

検査科は僕の他にもう一人、新人がいるって聞いていたので

新入職員の名簿をもらい、すぐさま自分の同期を探しました

・・・が!

あれ? いなくね? もう一人いるはずなんだけど・・・?

本当に何回見てもいない笑

会場別なのかな?と思って名簿見ながら昼ご飯食べてたら、うちの技師長がとことこやって来ました

もちろん顔は知ってましたので

tk

おっす~よろしく~(お疲れ様です!よろしくお願いします!)

とか言ってたら、なんか技師長が謝ってる

「なになにどうした??」と思ってたら

技師長

「ごめん、落ちちゃってさ」

え??落ちた??

まさかの国試落ちてたww

うそだろおーーい!!!

こう叫びたかったですよ・・・

tk

ええ~そうなんですか~笑 

みたいな感じでちょっと控えめにしておきました

なにやってんだよおーい! 俺もぎりぎりで受かったけどさあーー

その人は何やってるんだろうってたまに考えます

こんな感じで衝撃的な事実を知り、その日は特に誰ともしゃべらず一人で帰りました

新しく追加で募集するかもって最初言ってたけど、結局誰も来なかったなー

だからずっと同期いないひとりぼっちです

職場に同期がいないメリット

職場に同期がいないことのメリットは以下の5つです

  • メリット①:先輩と仲良くなれる
  • メリット②:他職種の友達ができる
  • メリット③:比べなくていいからマイペースでできる
  • メリット④:気が合わないということがない
  • メリット⑤:無駄な付き合いがない

順番に解説していきます

メリット①:先輩と仲良くなれる

先輩と仲良くなれる、というか

「先輩と仲良くするしかない」と言った方が正しいかもしれません笑

同期がいないので、必然的に仕事中話すのは先輩方しかいません

うちの病院は行事がけっこうあって、そういうときも先輩方と一緒にいて話すしかないんですよ

だからいつの間にか仲良くなってました!

同期がいると初めのうちは同期どうしで固まっちゃいがちじゃないですか?

でも僕は固まる同期がいなかったので、先輩方と積極的に話していました

そのおかげか、先輩方にも恵まれた部分もありますが

タメ口で話せる先輩とか、よく恋愛相談に乗ってあげる先輩とか、毎年誕生日プレゼント送り合う先輩とか

仲良しの先輩方がいっぱいできました

同期がいたらそんなに先輩方と積極的に話さなかったな~と思います

メリット②:他職種の友達ができる

これは病院ならではで、また病院によっては違うと思うんですが

うちの病院は初めの1週間、全職種合同で研修をやります

またしても僕は同期がいません

ほかのみんなは同期どうしで、まだぎこちない感じはありましたが話す相手がいて楽しそうです

看護師とかリハビリは人数多いから余計に羨ましいんですよね~

そこで僕はどうしたかというと、積極的に話しかけに行きました

今思えば自分ですごいなと思うんですが

「前日お腹壊して眠れなかった!」とか、「お昼一緒に食べに行こうぜ!」とか

まったく知らない人に話しかけてたんですよね

tk

知り合い作ろうと必死だったんだと思います笑

僕は本当にどちらかというと内向的なタイプで、人間関係を広く持とうとするような人ではありません

でも同期いないパワーなんでしょうか、話しかけることができたんですよね

話しかけた人や、話しかけた人の友達とも仲良くなれて知り合いが増えていきました

家に遊びに行ったり、年に1回旅行に行ったりする友達もできて

楽しくやっております

よく先輩方にも羨ましがられますね、他職種の友達がいること

忘年会や勉強会があればそのときもチャンス!

メリット③:比べなくていいのでマイペースでできる

今の1個上の先輩方を見て思ったのですが

仕事の進み具合ってやっぱり差が出てくるんですよ

具体的にいうとエコーの検査なんですが

全員が同じタイミングでやらせてもらえるわけではないんですよね

やる人もいればやらない人もいる

またその中で進み具合に差が出る

気にする人は気にすると思うんですよね

実際に他の同期に差をつけようと認定資格を取ろうと勉強している先輩もいます

仕事ができるようになろうと努力できるのはすごいと思うんですが

それがストレスになってしまうのはなんだか違うんじゃないかなと僕は思います

同期がいなければ、他人を気にせずマイペースで仕事に取り組めます

僕はそういうタイプなので同期がいなくてよかったと思います

メリット④:気が合わないということがない

他の病院に就職した、大学の同期と話してると

「同期がめっちゃ変わったやつで全然仲良くない」

といった話をけっこう聞きます

しかし、僕はそもそも同期がいないのでそういったことは起きません笑

「同期がいなくて寂しいよ~」なんて最初はずっと言っていたので

同期がいたらいたで気が合わないという悩みもあるのかと思った瞬間でした

そういえば、僕の先輩でも同期どうしで互いに嫌い合っている人たちがいます

見てる分にはとてもおもしろいです

メリット⑤:無駄な付き合いがない

「同期会」ってありませんか?

うちの先輩方は同期どうしで毎月しっかりやっているんですが

たまに「めんどくさいな~」とか思うときはないんですかね?

絶対1回くらいはあると思うんですよ!

「今月お金ないな~」とか「今日やりたいことあるのにな~」とか

あと、必ず仕事終わり一緒に帰ってる代もあります

すごくないですか?笑

バカにしてるわけじゃないんですけど、僕はめんどくさいなと思っちゃいますね

職場に同期がいないデメリット

ここまで職場に同期がいないメリットについて書いてきましたが、もちろんデメリットもあります

僕が感じたデメリットは以下の3つです

  • 寂しい
  • わからないことがあっても気軽に聞けない
  • 競争心が湧かない

順番に解説していきます

寂しい

正直に言いますが、寂しいときもあります!!

同期会で飲みに行ったりとか、仕事中に雑談して盛り上がってるのとか見てると、羨ましいなと思います

今までの経験を思い返してみても、学生時代とか

よく遊んだり、なんでも話したりできるのはやっぱり同期でした

同期がいたらもっと仕事楽しくやれてたのかな~と考えることがたまにあります

わからないことがあっても気軽に聞けない

これは大変困ったことで

「あれ、これどうやってやるんだっけ?」

というようなことが、けっこうあるんですよね。しかもタイミングが

  • 夜勤中で夜中
  • 仲のいい先輩が休みでいない
  • 前にも聞いたが忘れてしまった

というときがよくあるんですよ!本当に!

もう困りますね。勇気を出して聞くしかないです

tk

ちなみに僕は3回同じことをミスしてキレられたことがあります

わからないことがないように、細かいことでもみなさんはしっかりメモを取りましょうね!

競争心が湧かない

『メリット③:比べなくていいのでマイペースでできる』で書きましたが、裏を返せば

互いに競い合えるライバルがいないとも言えます

自分のペースでしっかりと向上心を持って、スキルアップのために努力できればいいのですが

自分で気持ちを高められない人は、同期がいた方が競争心が湧くかもしれませんね

たしかに、スポーツでも試験でも、競い合えるライバルがいたからこそ

がむしゃらに頑張ることができたという経験はあります

同期がいなくてもいいことはある! でも、いる人は大事にしよう!

まとめです

ここまで、同期がいないことのメリット・デメリットを書いてきました

同期がいなくてもいいことはあるから落ち込む必要はない!でもいるなら大事にしよう!

そもそも自分の仕事が好きなら同期がいるかいないかなんて関係ないですけどね!

同期がいなくて不安な人が少しでも希望を持ってくれれば、とても嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる